通勤中の簡単なエクササイズ -車内編

前回の通勤中に歩きながら行えるエクササイズに続いて、今回は、電車やバスの車内で簡単にできるエクササイズを紹介し […]

| 2018年10月22日 - 11:44

前回の通勤中に歩きながら行えるエクササイズに続いて、今回は、電車やバスの車内で簡単にできるエクササイズを紹介します。朝夕のラッシュ時にはあまり身動きの出来ない空間ではありますが、だからこそ時間を有効活用するチャンス。女性はもちろん、男性でも十分に効果の期待できるエクササイズです。

車内でエクササイズするときの注意

  1. 発車・停車、カーブのときなどに車内が揺れますので、吊革や支柱をしっかり握って転倒しないようにしてください。
  2. 今回紹介しているのは動きの少ないエクササイズですが、一生懸命行うと軽く汗をかくくらいの運動量になることがあります。車内の温度などを考慮して回数を調節しましょう。
  3. 呼吸は本来であれば大きく吸って大きく吐くことを基本としますが、車内で行うと周囲の人の目が気になる場合があります。姿勢や筋肉の緊張・弛緩に重点を置いてエクササイズすることをおすすめします。

腹筋と背筋のエクササイズ

  1. 顎を引いて背筋を伸ばして立ちます。座っている場合も同じです。
  2. お腹(特におへその下)と背中の筋肉を、やや引き上げるように意識して引き締めます。腹筋と背筋を同時に鍛えることで、脇腹も含めてウェスト全体をスリムにする効果が期待できます。
  3. しばらくその状態をキープしてから力を抜きます。

※キープしているときは、呼吸を止めたほうが周囲の人に気づかれにくいですが、長く止めすぎないように注意しましょう。

※お腹に力を入れるとゲップが出てしまうことがあります。片手で口を覆っておくと安心です。

二の腕のエクササイズ(立っているとき)

  1. 片手で吊革をしっかり握ります。このとき、手のひらと同時に、二の腕と脇の下にも力を入れます。
  2. 吊革をやや下に引き下げるようにして、しばらくキープします。肘に力が入ると他の部分が緩みがちになるので注意しましょう。

二の腕のエクササイズ(座っているとき)

  1. 両手を下ろして、手首をお腹のあたりで前後に交差させます。
  2. 上の手をお腹側に、下の手を反対側に押し込むようにします。二の腕に力が入るようにするのがポイントです。

※二の腕のエクササイズは、手首を組み替えて左右交互にバランスよく行ってください。

お尻と太腿のエクササイズ(立っているとき)

  1. まず背筋を伸ばして立ちます。座ってやるのは難しいので、立っているとき限定のエクササイズです。
  2. お尻に薄い紙を挟んだようなイメージで、それを落とさないように力を入れてキープします。太腿も一緒に緊張させましょう。
  3. 空いている車内でやると若干目立つかもしれません。力を入れすぎて動作が大きくならないように注意してください。

※準備や持ち物の参考になりますので前回の記事もご覧ください。

通勤中の簡単なエクササイズ -ウォーキング編



作者:萩野康史

難しい話題でも平易な文章で分かりやすく紹介すことを心がけています。ビジネス関連の記事と並行してアートや旅についても執筆中。ライターとして生計を立てることは子供のころからの夢でした。

©2019 GPlusMedia Inc. All Rights Reserved.

GaijinPot and CareerEngine are trademarks of GPlusMedia Inc. and part of the Fujisankei Communications Group.