女性が働きやすい企業の特徴 part. 2

転職や就職でキャリアアップをしたい女性たちへ向けて、前回に引き続き、女性が働きやすい企業の特徴をまとめました。 […]

| 2019年7月10日 - 11:35

転職や就職でキャリアアップをしたい女性たちへ向けて、前回に引き続き、女性が働きやすい企業の特徴をまとめました。社内の制度だけでなく設備面も考慮することで、自分に合った働きやすい企業を選ぶことができます。ぜひ参考にしてください。

 

退職金と社会保険

2013年に厚生労働省が公表した資料によると、日系企業では、退職金制度あり75.5%、なし24.4%となっています。外資で退職金制度のある企業は皆無と言って良いほどですが、確定拠出年金制度を設けているところはあるようです。給与体系とあわせてできるだけ充実している企業を選びたいですね。

日本の場合、社会保険として企業側に加入が義務付けられているのは雇用保険と労災保険です。厚生年金保険については、法人であれば加入義務がありますが、従業員が常時5人未満の個人事務所は除外されます。そのため、ベンチャーなど従業員が少ない企業に転職·就職するときは注意が必要です。

 

社員割引

社員に対して、自社製品の購入やサービスの利用について割引制度を設けている企業も少なくありません。たとえばアパレル関係の企業なら、年数回行われるファミリーセール(上客や特定の会員のためのセール)で、招待者よりも前に従業員に向けてセールを行うところがあります。

食品や日用品、あるいは趣味やレジャーでよく利用するサービスなど、自分にフィットした社員割引があれば支出も抑えられますが、金額や回数の制限などの情報が公表されていることはあまりありません。気になる方は面接の際に質問してみると良いでしょう。

 

社内の設備·環境

女性社員専用のトイレなど設備が充実していることも、女性が働きやすい職場である条件のひとつです。仕事と育児を両立させたい女性にとっては保育施設の有無も見逃せません。設備ではありませんが、オフィスが全面禁煙になっていると快適に感じる方も多いのではないでしょうか。

転職·就職しようとする企業が女性にって働きやすいかは、その企業に女性管理職が多いことや、女性の勤続年数が長いことを指標にするこもできます。気になる方は男女比なども尋ねてみましょう。自分のライフスタイルに合っているかを考慮することで、働きやすさも違ってきます。ビジョンをしっかり持ってくださいね。

 



作者:萩野康史

難しい話題でも平易な文章で分かりやすく紹介すことを心がけています。ビジネス関連の記事と並行してアートや旅についても執筆中。ライターとして生計を立てることは子供のころからの夢でした。

©2019 GPlusMedia Inc. All Rights Reserved.

GaijinPot and CareerEngine are trademarks of GPlusMedia Inc. and part of the Fujisankei Communications Group.